成人病になりたくない方へ

厚生労働省のホームページでの成人病と仕事への影響

成人病にかかってしまうことによって大きく生活に支障が生じるようになるリスクを抱えることになります。かかりやすい成人病として高血圧や糖尿病といったものがありますが、これらには自覚症状が伴わないことが多いため、通常通りに仕事をして生活していくことは比較的簡単です。しかし、自覚症状がないがために段々と悪化させていってしまいがちであり、治療もおろそかにしてしまう人が大勢います。その結果として脳卒中や心筋梗塞などで仕事中に倒れてしまう人もしばしばいるのが成人病の恐ろしさです。しかし、自覚症状があまりないということを知らなかったり、それが進行することによって命にも関わるような疾患にかかってしまうリスクがあるということは意外に知られていない状況があります。その合併症の恐ろしさをしっかりと個人が自覚することによって成人病の予防と改善に取り組んで行ってもらいたいというのが実情であり、厚生労働省のホームページではその情報発信によって訴えかけを行っています。インターネットの普及によって情報源としてホームページを閲覧するということが多くなっていることから行われるようになっている取り組みであり、成人病の予防や改善をするということが重要になっていることを如実に表しています。医療費が高騰するという問題もあることに加え、若年化が進んできていることによって仕事ができる労働力が減ってしまうのも問題とされており、日本社会を支えていくためには成人病に対する理解を誰もが持つということが必要になってきています。そのための教育活動の一つとして厚生労働省のレベルからの情報発信が行われるようになっているのが現状となっています。

医療マーク
  • 成人病として知られる疾患は多数ありますが、その原因は生活習慣の中にあるという見解が広がってきており、生活習慣病として再編される動きがありました。確かに40代頃か...

  • 成人病を解決するために必要なことは節食と適度な運動です。トレーニングもやった方が良いですが、過酷なものは必要ありません。無理なく、適度に筋肉をつける程度だと考え...

  • 成人病にかかってしまうことによって大きく生活に支障が生じるようになるリスクを抱えることになります。かかりやすい成人病として高血圧や糖尿病といったものがありますが...

  • 成人病は乱れた日常生活や生活習慣の積み重ねによって引き起こされます。成人病は様々な病気を発症し、日本人の3分の2は生活習慣病が死因となっています。もともと成人病...

  • 成人病と呼ばれる病気には、いろいろな種類があります。 また、近年では、恐ろしいことですが、成人病の1つである、糖尿病が、若い世代の人にもかかってしまっていると...

  • ”成人病”とはあまり聞きなれない言葉ですが、40~50代から多くみられる病気の事を指します。動脈硬化や高血圧、心筋梗塞、脳卒中、がんや糖尿病などのいわゆる”生活...

  • 糖尿病、高血圧、肥満、脂質異常症、といった成人病から現実逃避するのは止めましょう。 成人病予備軍と診断されても「自分は病気ではない」と現実逃避しようとする人も少...